この美容専門学校は大阪の人たち皆が知っている
2022年1月6日

保育士の専門学校のタイプと選び方

保育士になるための方法としては、その資格を取ることのできる(卒業と同時に資格が得られる)大学や短大へ行くという方法が最も多いと言えますが、その他にも、専門学校へ行くという方法もあります。専門学校の特徴としては、実際に保育の現場で働いている講師による指導で実践的なことを学べるということと、就職率が大学と比べて高いということが挙げられるでしょう。しかし、保育の専門学校は、学校によって重視している点やサポートの内容が違うため、選ぶ際はそれぞれの特色をよくチェックしておくことが重要です。保育士の専門学校のタイプとしてまず挙げられるのは「実習が多い学校」です。

入学してすぐの段階で実習を行っているところもありますし、講義を受けるだけでは知り得ないような経験や情報を得ることもできるため、就職したら即戦力として働きたいという場合などに向いていると言えるでしょう。次に挙げられるタイプは、「ピアノや手遊び、そしてお遊戯等の勉強が多い学校」です。これらのスキルは保育士に必要不可欠なものですが、就職してから学ぶのは忙しくて大変な場合もあるため、学校にいるときに学んでおくと気持ちに余裕を持つことができると言えるでしょう。他にも、「就職へのサポートが手厚い学校」があり、卒業後すぐに働けるようなサポートをしてもらえるという魅力があります。

また、学校を選ぶ際は、学校の特色だけでなく、学費や、学ぶ期間(2年と3年のところがある)、そして場所などを考慮する必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です