この美容専門学校は大阪の人たち皆が知っている
2022年1月9日

専門学校を用いて保育士を目指す際のポイントや注意点

保育士になるための方法としては、専門学校に通う方法と、大学・短大に通う方法の大きく二つが挙げられます。そのうち専門学校で学ぶことのメリットやポイント、注意点などを見ていきましょう。専門学校は通常2年から3年の過程となっているため、大学や短大に比べて早期に保育士として働くことが可能となります。また、期間が短い分費用も比較的安く抑えることが出来るため、特に早く現場で働きたい人や、費用をあまりかけたくない人などが向いているといえます。

短い期間で必須の知識や技術を学ぶことになるため、必然的に実践に即した学習内容が重視されるため、即戦力として働きやすくなることもメリットの一つです。ただ、必要最低限の知識や技術以外の勉強は満足にできない可能性が高いため、保育に関する範囲以外にも、たとえば音楽や児童心理学など幅広く学びたいのであれば、専門学校ではなく大学や短大の選択肢も候補に入れる必要があります。専門学校を選ぶ際には、そこが厚生労働省が認可する指定校であるか否かを確認しておくことも大切です。指定校ではなく併修校である場合には、短大の通信教育などを受けなければならなくなり、結果として費用が多くかかることになります。

もちろん、併修校を選ぶメリットもありますが、基本的には指定校か否かを必ず確認しておくようにしましょう。現代では保育士不足が深刻化しているため、需要は間違いなく高くなってきています。今後は職場環境も改善されることが期待されているため、即戦力として働きやすい職種の一つといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です