この美容専門学校は大阪の人たち皆が知っている
2022年4月3日

保育士になるのに専門学校を選ぶメリットとは

保育士になるには、国家資格である保育士資格が必要です。資格を取得するには、大学・短期大学・専門学校などで保育士養成課程を修了する、または保育士試験に合格するか2つの方法があります。保育士試験は、専門課程を修了していなくても受験できるため、一般の大学・短大を卒業しても、社会人になってからでも受験が可能です。しかし、合格率は10%未満とかなり難易度は高くなります。

そのため、やはり大学・短期大学・などで専門課程を修了するのが一番の近道です。では、どの学校を選ぶのが一番いいのでしょうか。それぞれにメリットがあり一概には言えませんが、専門学校の場合、まず入学のしやすさが挙げられます。大学や短期大学は専門課程の他に一般課程の授業もあり、入学にはその学校に応じた学力が必要となります。

その点、専門学校は資格取得が目的なので、比較的入学しやすいです。また、専門学校は「保育」に重点を置いています。そのため、現場で即実践できるような役立つ内容を集中的に学ぶことができます。保育の現場では人出不足が問題となっており、常に即戦力の人材を求めています。

就職して、実際の現場に立つと、出身大学や偏差値の高さは関係ありません。どの職種でも同じですが、新人として仕事を覚えて早く一人前になるには、理論よりもいかに実践できるかが必要です。保育の現場であれば、制作物をいかにうまく作れるか、紙芝居や読み聞かせがうまくできるかが役立ちます。ですので、保育にたずさわりたいと明確な目標があるなら専門学校がいいでしょう。

大阪の美容専門学校のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です